[月刊ホテル旅館] インバウンドサービスの最前線 にて、当社の FP HOTELS 難波南 が特集されました。


2017/08/24

" ワールドワイドに商圏を開拓! インバウンドサービスの最前線 " と題し
成長を続けるインバウンドをコアターゲットに定めた宿泊施設を特集して
いる9月号。

大都市圏に誕生している新型宿泊施設として、当社が2017年4月から運営して
いるホテル「FP HOTELS 難波南」を特集ページに取り上げていただきました。

下記は掲載された内容の要約です。

2017年4月1日、大阪市浪速区のJR環状線・新今宮駅に FP HOTELS 難波南 が
グランドオープンした。このエリアは「あいりん地区」のある大阪の下町。
このエリアに星野リゾートが出店計画を発表し、周囲を驚かした。

FP HOTELS 難波南 は、訪日外国人をメインターゲットとしたインバウンド
特化型ホテルで、2010年にランドオペレーター業を開始して以来、延べ
約50万泊を受け入れた実績と経験を生かし作られたインバウンド特化型
ホテルとなる。

オープン3ヶ月後であるにも関わらず、高い客室稼働率を維持できている。

「リーズナブルな価格でラグジュアリーに過ごしてもらう」がコンセプト。
白と黒の落ち着いたトーンで統一し、客室, パブリックスペースを広く確保
している。食事は、訪日客のニーズに基づいて朝食のみ洋食中心のブッフェ
を計40品目提供。

ランドオペレーター事業で培ったネットワークを生かして取引会社の開拓を
進めており、今春からヨーロッパにも営業を展開。こうした市場の開拓により
今後さらなる宿泊者需要の拡大を睨み、来年10月に同地区に新ホテルをオープンする。

この他、21年までに 北海道, 京都, 沖縄, 福岡 とインバウンドが多い都市での
出店も目指す。

内容の一部はこちらよりご覧いただけます。
全文は、月刊ホテル旅館(2017年9月号)をご覧ください。