[日経トップリーダー 経営者クラブ "Monthly"] 「明日を読む」にて、弊社代表須田のインタビューが掲載されました。


2017/10/02

「明日を読む」
〜 インバウンド需要を取り込むには? 戦略的なプロモーションが不可欠
 〜 

201710月発行の日経トップリーダー 経営者クラブ "Monthly"(10面)にて、
弊社代表須田のインタビュー記事が
掲載されました。

下記は掲載された内容の要約です。

東京オリンピックが開催される2020年に4000万人の訪日客を目標に掲げている政府。
今後増加が見込まれるインバウンド(訪日外国人)需要を取り込むために何をすべきか。
株式会社フリープラスの 須田 健太郎 社長に聞いた。
 
オリンピックの開催によって訪日観光客が爆発的に増えるわけではなく、重要なのは
インバウンド関係者のやる気とプロモーション。ゴーデンルートの人気は依然に根強く、
その他の地域に外国人観光客を呼び込むにはしっかりとしたブランド価値を伝えること。
日本人には苦手な領域だが、自治体や地域の企業連合が盛り上げ役となって、戦略的な
プロモーションの策定が必須。海外ではプロモーションを上手に行なっている国もあり、
日本にだってポテンシャルのある地域はある。例えばラグジュアリーゾーンを作り、
それを呼び水に現存の観光地への流れを作れていけば、世界のリゾート需要は獲得できると思う。